日本語 / English  

55回熱測定討論会The 55th Japan Conference Calorimetry and Thermal Analysis

 主催:日本熱測定学会
 会期:2019年10月24日(木)〜 10月26日(土)
 会場:近畿大学 東大阪キャンパス

イベント

特別講演
 
「固形製剤開発における熱分析・熱測定の応用」
                   米持悦生(星薬科大学・教授)

「Design and Thermodynamic Tuning of New Energy Storage Materials」
            Li-Xian Sun (桂林電子科技大学・教授,中国)

受賞講演(学会賞)

「リン脂質二重膜相転移の熱力学的研究」
                        松木 均(徳島大学)

受賞講演(奨励賞)

「速度制御熱分析の開発とポリマーの熱分解速度論」
                      山田秀人(防衛大学校)

「高速カロリメトリーを用いた高分子の結晶化・融解・反応キネティクスに関する研究」
             古島圭智(株式会社 東レリサーチセンター)

シンポジウム
 
「熱測定と中性子散乱の相補利用」
 
 熱測定(マクロ測定)と中性子散乱(ミクロ測定)は相補的な実験手法であり,両者を用いた研究が数多く行われている.例えば,DSCは相転移など温度を変えることで生じる現象を簡便かつ高感度で検出するので,中性子散乱実験の前にぜひ行いたい実験である.また,中性子散乱で得られる状態密度は熱容量と直接関係しているし,構造無秩序や励起状態の数とエントロピーを結びつけた研究も多い.今回,大強度陽子加速器施設(J-PARC)の運転10周年を記念して,実際に相補利用を行っている研究者およびそれを計画している研究者によるシンポジウムを企画した.大学や国公立研究所だけでなく,企業の研究者にも積極的に参加して頂きたい.
 *本シンポジウムでの発表を希望される方は,世話人まで直接お問合わせください.
  連絡先:yamamuro@issp.u-tokyo.ac.jp(@は小文字に置換

                    世話人:山室修(東京大学)

 「熱測定が支える産業と社会」
 
 前回の討論会に引き続き,本討論会でも産業分野における熱分析活用事例を気軽に議論するミニシンポジウムを開催します. 今回も熱測定機器を企業の研究で活用している方々に話題提供をお願いしています.講演を聞くだけでなく,講演後にはグループディスカッションの時間を設けますので,大学の研究室とは違う企業内での研究の手法や考え方を,直接議論できます. これから企業研究者を目指す方,企業研究者の方々と共同研究などを目指している若手研究者の皆様には,特に奮ってご参加ください.
                 世話人:岩間世界(熊本学園大学)


熱測定チュートリアル
 内容:近日公開
     世話人:標準化作業グループ(主査 古賀信吉(広島大学))


シニアの会
 
「教育改革を皆さまとともに考える −それは何を根幹とすべきか−」
              高橋克忠(けいはんな文化学術協会会長)
                (京都大学・学際融合領域特任教授)

「アクティブラーニング」,「PBL」,「ICT教育」,あるいは「小学3年生から英語を」などというフレーズが新聞に載らない日はない日常です.しかし,私たちはこうしたキーワードを会話に含めるだけで教育改革を論じている気持ちになっていないでしょうか? こうした視点を基調として,1999年のブダペスト宣言とそれに続く2003年のPISAが世界中に向けて発信した勧告について触れ,日本の教育改革を皆さまとともに考える機会にしたいと思います.
                 世話人:藤枝修子(御茶ノ水大学)


若手の会
 内容:近日公開
        世話人:野本哲也(大阪大学),青木綾香(近畿大学)


懇親会
 準備中

日本熱測定学会

〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-6-7 宮澤ビル601

TEL 03-5821-7120
FAX 03-5821-7439
HP http://www.netsu.org/JSCTANew/

実行委員会

〒577-8502
大阪府東大阪市小若江3-4-1
近畿大学理工学部理学科化学コース
物理化学研究室

TEL 06-4307-3404
FAX 06-6723-2721
Mail jccta55@chem.kindai.ac.jp